読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに書くよ、大手のメリットデメリット

麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!? ホントに書くよ、大手のメリットデメリット

もはや「書く書く詐欺」です。

あまり先延ばしにして、内容的に期待されてハードルがあがっても困るので今日のネタは先週書く予定だった「大手不動産会社のメリットデメリット」です。

 

大手さんって、毎日毎日よくやるなーというくらい広告を入れてきてそのブランディングに余念がありません。

おかげで、いざ自分の身に相続や自家取得などが発生すると、「カーナビをつけるならオートバックス」くらいのかんじで大手不動産さんに行くのではないでしょうか。

 

メリットはお店がどこにでもたくさんあって、敷居が低いことでしょう。

実際には大手不動産の名前は「のれん貸し」なので、実情は個人店だったりしますが、フツーの人はそんなことは知りません。大手だったらなにかあっても責任取ってくれると考えるでしょう。

そして、一生一度の買い物ならば大手こそ安心って思うもの。

 

しかしデメリットもたくさんあるぞw

まず、舞い込んでくる依頼が非常に多いので、手数料の安いもの、めんどくさいものは後回しです。

これは考えてみればわかることで、彼らは過酷なノルマを背負っていますから手っ取り早く数字が出せる案件に走ります。これは仕方ないです。大手のデメリットは全てはこれが原因で起こります。

 

後回しの代表格は借地物件でしょうね。

大手が元付けだとまず買えないと思ったほうが良いかもです。

金額がデカければ別かもしれないけど。。。

 

あとは権利関係が複雑とか、占有者がいるとか、接道が微妙とか、瑕疵担保免責にならないぎりぎりの築年数の戸建とか、融資が付けにくい事情のある物件とか、めんどくさい案件というのはたくさんありますが、いずれも調査と調整だけでも時間がかかり、かつそういう物件なので安いに決まってますからワリで考えたらやらないほうがよいですから。

 

できないなら依頼者にも迷惑がかかるわけですからとっとと手放せばよいのに、不動産屋の性なのか一度請けた元付け物件はなんだかんだと屁理屈をならべて死守しようとします。売ることが出来ないくせにw

 

明日はそんな目にあっている借地について書くかもです。

 

 

今日の話が面白かったらポチお願いします!  不動産投資 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




http://ameblo.jp/maui993/entry-12240864584.html

Sent with Reeder



iPhoneから送信