Fwd: 戦略的な資産形成とは。【 村上しゅんすけ 資産形成戦略室 】

> コンパス代表 村上です!

>

>

> このメルマガでは、「資産形成戦略室」と題して、

>

> 収益不動産での資産形成、節税など成功させるノウハウを

>

> エキスパートの観点から情報発信させていただきます。

>

> ・・・・・・・・・・

>

>

> 今回は「 戦略的な資産形成 」について。

>

>

>

> 資産形成には戦略が不可欠、と

>

> ことあるごとに申し上げています。

>

>

>

> では、戦略とは何かといいますと、

>

> 「持っている資源を活用して、

>

> 最大限の成果を収めること」

>

> であるかと思います。

>

>

>

> Wikipedia等で調べてみたところ、

>

> 戦略の語源は軍事的な専門用語

>

> だったようです。

>

>

>

> 大局的に戦況をとらえて、

>

> できるかぎり優位な立場をつくる

>

> =戦略ということですね。

>

>

>

> −−−−−−−−−−−−−−

>

> 不動産投資の戦略を考える上では、

>

> 「大局的に」見るという視点がポイントです。

>

> −−−−−−−−−−−−−−

>

>

>

> 特に時間軸に関して、

>

> 先が見えていないという

>

> ケースが多々あります。

>

>

>

> 例えば、収益シミュレーション。

>

>

>

>  直近、インカムだけを見ていて、

>

>  将来的な売却額、残債、

>

>  譲渡税の考慮が抜けていたり。

>

>

>

>  家賃の変動や、

>

>  元金・金利の比率の変化を

>

>  見込めていなかったり。

>

>

>

>  数ヶ月以内に想定される

>

>  入退居のコストが抜けていたり。

>

>

>

> 時間軸以外のところでも。

>

>

>

>  金利の高低だけに目を奪われて、

>

>  返済期間などのその他の

>

>  融資条件を見落としてしまったり。

>

>

>

> 全体の「一部」しか考慮せずに、

>

> 決断をしてしまうと、

>

> 何かしら落とし穴があるものです。

>

>

>

> ・賃貸市場動向

>

> ・建物維持コスト、

>

> ・融資条件とキャッシュフロー

>

> ・不動産市場動向と売却タイミング、

>

> ・所得税と譲渡税の対策…

>

>

>

> これら全てを「大局的に」とらえて

>

> 不動産投資の活動方針を

>

> 決める必要があるのです。

>

>

>

> ・・・・・・・・・・・・・・

>

>

>

> 不動産は大きなお金が動く投資です。

>

>

>

> それが儲けどころでもあり、

>

> 怖い側面でもあります。

>

>

>

> とりあえずやってみる!

>

> という思い切りの良さも

>

> 時には必要です。

>

>

>

> ですが、

>

> 考えなしに飛び込むくらいでしたら、

>

> 怖くて一を踏み出せない方が、

>

> まだよいかもしれません。

>

>

>

> 不動産会社、管理会社、銀行員、税理士、

>

> といった関係者の面々は、

>

> 自分たちのテリトリーしか見えていません。

>

>

>

> −−−−−−−−−−−−−−

>

> 「大局的な」に見れるのは投資家本人だけ、という事です。

>

> −−−−−−−−−−−−−−

>

>

>

> 学んだ分だけ成功確率が高まりますので、

>

> 是非、知識武装をしたうえで、

>

> 不動産投資に臨んでいただければ幸いです。

>

>

>

> 『不動産投資に興味はあるが、

>

> 何から学んだらよいのか分からない』

>

>

>

> という方には、お会いしてじっくり

>

> お話させていただくこともできます。

>

>

>

> お気軽にお問い合わせください。

>

>

>

> 追伸:

>

>

>

> 戦略的な不動産投資をすることの

>

> もう一つのポイントが

>

> 「最大の成果を得る」です。

>

>

>

> 成果とはつまり、お金を残すこと

>

> であると考えます。

>

>

>

> 最大限にお金を残すためには、

>

> インカムとキャピタルの

>

> バランスを考えなければいけません。

>

>

>

> 一般の金融商品と比べた時に、

>

> キャピタルだけでなく、

>

> インカムも大きく狙えるのが、

>

> 不動産投資の利点です。

>

>

>

> これを活かさない手はありません。

>

>

>

> 少し長くなりましたので、

>

> 続きは次回にさせていただきます。

>

>

>

> 最後までお読みくださり

>

> ありがとうございました。

>

>

>

> 株式会社コン・パス

>

> 村上俊介

>

>

> =============================

>

> ▼お問合せはこちらまで

>

> メール: info@con-pas.com

>

> TEL: 03-6432-9645

>

> 公式HP: http://park-ex.jp/L6256/ba546/1s41

>

> =============================

>

>

> メルマガ解除はこちらから。

>

> http://park-ex.jp/rm6256/26/546/s4/masahiro.nouchi%40gmail.com/

>

>

> 次回は濃い内容をお伝えします。

>

>

>

>

>

>