読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


就職難易度ナンバーワンともいえるコンサルティング業界に通る書類とはどんなものか。難関をくぐりぬけた実例を解読してみる。

仕事で培ったスキルをもとに、いつか転職してステップアップしたい。そう考えているのであれば、まず知っておくべきは履歴書の書き方だろう。

「人気の企業や職種であれば応募は殺到します。その中で、企業側が最初に目を通すのが履歴書ですから、『この人はちょっとヘンだな』と思わせないこと、そして『この人物なら会ってみたい』と思わせることが何より重要です」

「ムービン・ストラテジック・キャリア」の代表取締役社長、神川貴実彦氏は言う。同社は、マッキンゼー、ボストン コンサルティング(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーなどのコンサルティング会社に日本で最も多くの人材を送り込んでいる人材紹介会社だ。神川さん自身もBCGのコンサルタントとして働き、そこでの経験を踏まえて2000年に同社を設立している。

コンサルタントの仕事は、形の見えないものに対してお金を払ってもらうという特殊性があります。業務にあたっては、論理的思考力や問題解決能力が求められますが、それに見合う人材であるかどうかを見極める。他の業界よりも書き方は難しいですね」(神川氏)

今回はその最もハードルが高いコンサルティング会社に採用された人の履歴書を例に、書き方のポイントを学んでみたい。

まずは市販の履歴書用紙に氏名や住所から、学歴、職歴など必要事項を書き込み、封筒に入れてポストに投函……?

「いまどき履歴書を郵送なんて、ほとんどありませんよ。パソコン画面上に入力して送信します。その際に、職務経歴書や志望動機書を添えるのが常識です。履歴書はできるだけ簡潔にまとめ、具体的な内容は職歴書と志望動機書に書く。履歴書1枚で応募できるのは、アルバイトぐらいですよ」(神川氏)

志望動機書はA4サイズの用紙で1枚程度、職歴書は長くても2枚程度に収めるのが鉄則である。レポートのように長々とした書類が添付されていたら、内容以前に読む気が削がれるだろうし、情報整理力の欠如という点でもコンサル失格といえるだろう。

また、最初のほうで書いたことと後で出てきたことのつじつまが合わない、数字のズレなども当然チェックされる。手書きの履歴書であれば、最初に書いてある字は丁寧だが、最後になって乱れてくると「根気がない」とみなされた。それと同様、書類に誤りや理屈が合わないことがあると、「ヘンだな」と思われて、はねられてしまう。書いたものはしっかりと見直そう。

では、実際にどのような内容をどう書けば、面接までこぎつけられるのか。

職務経歴書:まずは経歴の概要を。その後も項目を立て読みやすく

(1)自分の職歴を一目でわからせる

最初に概要として経歴、実績をコンパクトにまとめる。「これなら会ってみたい」と思わせるよう、簡潔にアピールしよう。

(2)長い文章は読みづらく埋没する

得意分野やスキルもずらずらと羅列するのではなく、項目立てて説明すると読みやすくなる。

(3)成果に至るまでのプロセスが重要

所属した会社と期間を書いたら、それぞれ関わった仕事ごとに【状況説明】【成果(結果)】【自分の役割】などを分類。成果に至るプロセスやアプローチなどに重点を置き、採用側が「こういう考えができるなら、わが社でも問題解決できそうだ」と思うような書き方にしよう。部署異動があれば、同様に繰り返し書いていく。

「職歴書の書き方はいろいろですが、最初に概要として経歴や実績をコンパクトにまとめ、次に得意分野やスキル、それから職歴の詳細を時系列にまとめるというスタイルが定番です。詳細部分も関わった仕事ごとに『状況説明』『成果(結果)』『自分の役割』と分類すると採用担当者は目を通しやすい。すべての仕事を書くと膨大になるでしょうから、ハイライトとなる経験だけを抽出するといいでしょう」(神川氏)

この職歴の詳細において採用担当者が知りたいのは、その人物が会社の利益になるのか、である。

「先述のとおり、コンサルタントに求められるのは、論理的思考力や問題解決能力なので、職歴にそれらを感じさせる内容が書かれていれば『会ってみよう』となる。プロジェクトを成功させて1億5000万円売り上げたという経験を書くなら、成功に導くためにどのような作戦を立て、どう実行に移したのか、つまりプロセスやアプローチの方法に重点を置くべきでしょう」(神川氏)

これは中途採用だけでなく、新卒採用でも同じ。サークル活動やゼミでの研究を通じてどのような成果を挙げたのか、どのような戦略のもとに導いていったのかを明らかにしなければならない。得意分野やスキルを書く場合も、単に事実を挙げ連ねるのでなく、その能力をどのように生かせるのかを具体的に示すことが必須だ。

一方、志望動機書については、コンサルタントを志したきっかけや、その会社を選んだ理由といったことに終始してしまいがちだ。なかには、もう何十年も前の学生時代の留学やボランティアの経験まで持ち出して、熱意を伝えるケースもあるだろう。

しかし、先ほども書いたように、担当者が知りたいのは、履歴書の人物が役立つ人材かどうかだ。応募理由についてはさらっとまとめ、コンサルタントとしてどのような活躍ができるかを具体的に書きたい。

「志望動機を書くとき、つい使ってしまうのが『勉強したい』という言葉です。これはNGワードで、書いた時点でアウト。採用する側からすれば、なぜ、お金を払って勉強させてやらなきゃいけないの? となるわけです。『吸収したい』も要注意ですね。自分に欠けている資質をあえて書くのであれば、その前には自分がどのような貢献ができるかを具体的に書くこと。そのうえで、『この分野は弱いので、入社後に研鑽していきたい』とすれば印象はいいでしょう」(神川氏)

■得意分野/スキル:2、3点に絞って勝負!

(1)数字だけ入れても意味をなさない

数字を入れることで、具体性は出るが、受注額など業界外の人間がピンとこないような数字には比較対象や伸び率などを入れて成果が見えるとよい。

(2)自分がどう考え、行動に移したか

結果いくらの入金があったかより、どのような思考プロセスを経て結果を出したのか、考えや行動がわかるように書く。

(全体)数打てば当たる、は時間のムダ

忙しい面接官に簡潔に印象づけるために、ポイントは自信が持てる2、3点に絞って掘り下げよう。

■主なプロジェクト実績:一番の見せどころ。結果よりプロセスが重要

(1)業績アップだけを見るわけではない

結果がどうなったよりも、どのように取り組んだかのほうがより重要。たとえ業績に自信がなくてもしっかりアピールしたい。

(2)大事なのは、問題解決思考

論理的思考、問題解決思考が求められる。過去の業務からそれが窺える事例を挙げるといい。

(3)今、自分ができることで勝負

採用側は「この人を取ったらわが社で何ができるか」を見る。「御社で勉強したい」はNG。苦手があるのであればそれ以上の得意な点をアピールしたうえで、素直に白状する。

ところで、気になるのは、一般の履歴書にある語学や特技の欄の書き方だ。たとえば、TOEIC700点台という場合、書くべきなのか。

コンサルタント志望で売りにしたいならTOEIC900点以上が必要。それ以下なら、むしろ書かないほうが得策です。ちなみに、一般企業では730点がボーダーラインと言われています。まあ、700点台なら書いたとしても、アピールにはなりませんね」(神川氏)

英語以外の言語ができるのも、ビジネスでは英語が公用語のため注目度は低い。そんな現状において、比較的、武器になるのは中国語だ。中国に販路を拡大しようという企業が多い昨今、中国語ができるのは重宝がられるという。

ちなみに、趣味や特技の欄についても書き方に注意したい。たとえば、趣味がゴルフの場合も、ただスコアを書くのではなく、顧客とのコミュニケーションに役立った、とすればアピールにつながる。

書類を万全に整えたところで、いよいよ応募となるわけだが、実は職歴書や志望動機書の前に、採用担当者が目を向ける欄がある。現職や前職の会社名、年齢、そして学歴だ。コンサルタント業界では、これらの3点で足切りされるのが現実だ。

「会社名は名の通った大企業であれば問題はありません。特に戦略ファームは有名企業にいた人材を好みます。顧客に有名大手が多く、コンサルティングをするうえでも社内の仕組みが理解しやすいといった利点があるんですね。年齢は、募集要項に合致していることが大前提。コンサルタントは特殊な仕事なので、未経験者は育てる時間が必要になる。そのため、30歳前半で区切られているケースが多いですね」(神川氏)

学歴についても戦略ファームと言われるところは東大、京大、一橋、東工大に旧・帝大まで。私立では早稲田、慶応、上智クラスがギリギリだという。

「偏差値が高いということで、論理的思考に長けていると判断されるのです。でもこれは、あくまでマッチングの問題。コンサルティングにはそういう人が向いているというだけで、入るのが難しいとかそういう問題じゃないんです。一般の会社ならいろんなタイプの人間がいて商売をしますが、コンサルティングは弁護士と同じで、均質化されたプロフェッショナルしか必要としていない。それでも入社したいと思うのなら、会社のホームページなどでコンサルタントのプロフィールを確認するといいでしょう。自分に合う会社かわかる目安にはなりますし、もしかしたらチャンスがあるかもしれませんよ」(神川氏)

-------
Thanks, Masahiro Nouchi
Sent from iPad mini