読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fwd: 【きりのき】借り換えの確定条件

>

> こんにちは、きりのきです。

>

>

> ようやっと、借り換えが実行されることとなりました。実際に具体的

> な行動を始めたのが確か昨年の5月過ぎだったような気がしますので、

> 活動を始めてから一年近くを要したことに。

>

> 時期的な問題などもあったと思います。本当のところ2棟分の通年成績

> が出たのは先月提出した確定申告が初めてでしたので、評価が難しく、

> 引き気味な対応をされるのも止ん事無し。

>

>

> ですがこうして通年成績が良好であるのがはっきりとした途端借り換え

> が決まったのは、やっぱりそういうものなのだなと。

>

> 人によってはさっくりとうまく話が進むようなラッキーな方もいるので

> しょうが、僕のように複雑な状況を作ってしまうとなかなか難儀である、

> と。

>

> いわゆる自業自得、です。

>

> 時間が多少かかったとはいえ、こうして目的を達成しましたのですから

> 良しとしましょう。

>

>

> さて今回借り換えに踏み切った理由は、現融資先との取引に今後の不安

> を感じたため、です。

>

> 特に、担当さん(といってもコロコロ変わるものですが……)との直接

> の話し合いの結果、金利面も含めて今後の交渉の先行きが見通せないと

> の結論に達しました。

>

> 2支店に分けて融資を受けており、片方は良いのですが片方が駄目でした。

> 少なくともその時お話をした方が合わなかった。

>

> そんなこんなで、金利交渉を継続することは早々に諦めまして。どちら

> かというと一刻も早く離れたい気持ちが強まりまった為、積極的な行動

> に出させて頂きました。

>

>

>

> 紆余曲折の経過については先週ブログの方にお書きした通りで、同内容

> を何度も書いても仕方ありませんのでそちらをご参照して頂く事として。

>

> お待ちかね、融資条件を今メールマガジンをお読み下さっている能地さん

> 限定で公開致します。

>

> ただし、大変申し訳ありませんが金融機関名は伏せさせていただきます。

> 御了承下さい。

>

>

>

> 僕が現状2棟、RCマンションを所有していることに関してはこれまでにも

> 公開してきた通り。

>

> それぞれ物件Y、物件Fとさせて下さい。

>

>

> 先週のメールでお伝えしたように、今回は2棟を1棟ずつ別々の金融機関に

> 融資を受けて頂く形を取りました。

>

> 理由は、今回ご縁のあった実家?がりの金融機関が、どうしても地域的に

> 物件Fを扱えなかったため、です。

>

> そこで、物件Yのみお願いし、物件Fは融資担当さんの伝手を使い、コラボ

> してくれるところを探して下さることとなりました。

>

> 本当に僕、何もしていません。(笑)

>

> 今回、物件Yの評価に不動産鑑定士も入っているのですが、その辺の手配

> もやって頂いてしまいました。積極的にやって下さった、が正確な物言い

> ですね。

>

>

> ただ、昨年から自力で何とか借り換えをしようと努力をしていたために、

> 資料がしっかりとしていたこと、借り換え用に事業計画書をわざわざ自作

> して用意していたことが結構な効力をもたらしたようで。

>

> 日々の努力がチャンスを掴むきっかけになる、運を高めるとの持論を支持

> してくれたような出来事でした。

>

>

>

> もったいぶらず、今回の借り換えにおける融資条件を以下に記載します。

> ノンフィクションです(融資額は大まかの記載です)。

>

> <物件Y>

> 融資額2億4000万円、変動金利1.275%、融資期間25年、元金均等返済

>

> <物件F>

> 融資額1億8000万円、変動金利1.400%、融資期間25年、元金均等返済

>

>

> 元々が変動金利4.5%の30年元利金等返済でしたので、1/3以下の金利となり、

> 融資期間が若干短縮され、元金均等返済へと切り替わった形です。

>

> 違約金が発生しますが、それは自腹で支払いです。貸して下さるとの話も

> 出ましたが、融資金額が増えるのを嫌いました。

>

> 元金均等返済となり、融資期間も短縮されたため、当初の毎月返済金額は

> 金利のわりに比較的多めになりますが、それでも返済比率を50%未満に抑制

> できました。それも、金利の低さのお陰です。

>

> 個人的にはどんなに良くても1.5%程度かなと思っていましたので、予想を

> 遥かに上回る好条件を得られました。

>

>

> 元金均等返済となったのは、物件Yを担当して下さった方の強いご提案です。

> 僕もキャッシュフローが見合うなら元金均等返済にしたいと考えていた為、

> 提案に乗らせて頂きました。

>

> 事後報告で税理士さんにお伝えしましたが、問題ないとのお返事を頂いて

> おります。

>

> 元金均等返済はサラリーマンへの提案としては金融機関にとってリスクが

> あるようで、この点でもラッキーであったといえます。

>

>

>

> 実行は来週予定。一括返済の申し込みは既にしておりますので、後は待つ

> ばかりといったスケジュールとなっています。

>

> 違約金の支払いに加えて登録免許税も収めなければならないので、資金

> 目減りした分、今後2年間はまたしっかりと貯蓄に励みます。

>

> 2015年、2016年の税金の心配はありませんが、2017年以降は元金均等返済

> の特徴である元本返済の多さが響き、税金が急増するはず。納税資金確保

> のためにも、贅沢をしている余裕はありません。

>

> バランスシートは確実に改善していく形とできましたので、空室リスクを

> 除けばほぼ全てのリスクから開放されたと言っていいとは思いますが。

>

> あとはアレですね。本題の、妻の所有する問題児の解決。何とでもできる

> 状況まで辿り着きましたので、資金を貯めながらどうするべきかじっくり

> 相談をする予定です。

>

>

> これまでは偉そうなことを言いつつも、高い金利でしか融資を受けられて

> おらず、実が言動に伴っていない状態でした。

>

> その負い目もあって、あまり確定的なことや、強い主張をできずにいた僕

> ではありますが。

>

> そんな中途半端な半人前からようやく脱却ができたようです。

>

>

> 融資について、金融機関について悩まれている方も多いかと思いますが、

> 今回、正しい考えの下で正しい行動を取れば、必ず評価され、問題は必ず

> 解決できる事実を証明することができました。

>

> 諦めず、人として、ビジネスマンとしてのステージアップをするべく努力

> をしていきましょう。

>

> 些少ながら、僕も引き続きお手伝いをさせて頂きます。

>

>

>

> PS.

>

> 法人所有にできないのは何か理由があるのかとの問い合わせを頂きました

> が、これは単純に金融機関の特殊性によるものです。

>

> どんなに小額でも、どんなに評価額が良くても不可能なものでして。本来

> は法人所有を認めてくれる金融機関を探すべきなのですが……。

>

> 税理士さんからも以前より現状程度であれば手持ちの法人も利用をして、

> 何とかやりくりできますとのお答えを頂いておりましたため、法人に執着

> せずに早急な借り換えを優先しました。

>

> 2015年分は今回の借り換え費用によって経費が多くなる為に税金の心配を

> する必要はありません。2016年になるまでに、税理士さんとしっかり話を

> して節税の為の具体案をまとめようと思います。

>

>

>

> ツイッターhttps://twitter.com/kirinoki_

> Facebookhttps://www.facebook.com/akira.katagiri.37

> (メッセージに気づくのが遅れたら申し訳ありません)

>

> ご意見、ご質問などはこのメールに直接返信していただければ

> きりのきまで届きます。お気軽にどうぞ。

>

> 途中参加で話がよくわからない、という方もメールを下されば

> 対応いたしますので、よろしくお願いします。

>

> (ついにお問い合わせメールまで迷惑メールフォルダに自動で

> 仕分けされる入る事例が発生していまいました。返信に遅れが

> 出ましたら大変申し訳ありません)

>

> ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

>

> ■発行者情報

>

>  発行者ブログ:http://kirinoki.net/

>  連絡先:kirinoki2012@kirinoki.net

>  特定商取引法に基づく表示:http://wtf.jp.net/law.html

>  解除アドレス:http://wtf.jp.net/cancel2012.html

>

>  また、万が一このメールが迷惑フォルダに入ってた場合は

>  下記のリンクより迷惑メールフォルダに入らない設定をしてください。

>

>  http://46mail.net/index.php?e=あなたのメールアドレス

>

> ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛