Fwd: 【きりのき】土日も祝日もないからこそ考えるべきこと

> こんにちは、きりのきです。

>

> お盆休みはいかがでしょうか。今年は西の方で天候が激しく荒れており、

> お住まいの方にとってはとても大変と思います。

>

> 僕も福岡県に収益不動産をひとつ所有していますので他人事ではない

> のですが、幸いにも今のところ大きな被害はないようです。

>

>

> さて、お盆とはいえ僕はいつも通り仕事がありますので、メルマガの方も

> 平常運転で書いていきます。

>

> 実はお盆って怖いんですよね。何が怖いかというと、管理会社さんも休み

> に突入してしまうこと。

>

> こんな時にこの間のポンプの問題のようなことが起こってしまったらと

> 想像すると、どんな怪談よりも肝が冷えます。

>

> 不動産投資をするなら避けられないリスクですね。年末年始、GWと長期の

> 休みは1年の間に複数ありますから、連休のたびに怖い思いをしなければ

> いけないのは嫌なもの。

>

>

> 実際は休日であっても管理会社さんは電話でトラブル対応してくれますし、

> 連休中は入居者さんも外出していることが多いので個別であんまり何かが

> 起こることはありません。

>

> が、中古不動産を扱っている以上、建物全体を巻き込む問題が発生する

> 可能性は常にまとわりついてくるわけで。

>

> 日頃のメンテナンスといざという時の準備は欠かしてはいけない。

>

>

>

> 自分は休みでなかったとしても世間は休みであることがあるという感覚は

> 24時間稼働のビジネスを展開する場合は持っていなければいけないのかも

> しれません。もちろんその逆も然り。

>

> 実はそういう部分がビジネスチャンスになることもあります。

>

>

> 例えば僕は普段は医師として仕事をしていますが、現在の勤め先病院は

> 盆休みを設定していません。入院患者を抱えている「病院」はだいたい

> そうでしょう。

>

> 通常、「病院」と「診療所(クリニック:外来診療中心)」は対象患者が

> 異なるために競合とはあまりならず、お互いが共生関係にあることが多い

> のですが。

>

> うちは比較的小さなところで、入院患者を抱えつつも診療所のように外来

> の患者さんを増やしていくことで収入を得ています。

>

>

> 診療所は盆休みを取るところが多いです。医師会がしっかりしている地域

> では一斉にあらゆる診療所が休みにならないように各診療所と調整をして

> いたりしますが、そうでないところもあります。

>

> 地域の診療所が一斉に休日に入ってしまった場合、どうなるか。

>

> 当然、開いている病院に患者さんが集中しますよね。病院の経営陣の立場

> で考えてみると、ボーナスタイムのようなもの。

>

> 現場の人間としてみればたまったものではないのですが(笑)。

>

>

> ただ、そのようなビジネスにはリスクも存在します。世間の休みと自分の

> ビジネスにギャップがある際のリスクが。

>

> 前述の病院の例で続けます。盆はまだ正式な祝日ではありませんからマシ

> ですが、例えばこれが年末年始だった場合。

>

>

> 年末年始にも精密検査を今すぐしなければならなかったり、緊急手術を

> 必要とする患者さんは当然います。

>

> そのような方々のためにと病院を開けておこうというのは道義としても

> ビジネスとしても素晴らしい考え方。

>

> しかし、最大のネックは世間の休日。手術をしよう、処置をしようと

> しても「物資の補給」がままならないんです。

>

>

> 緊急手術くらいなら大きな病院であれば事前にストックをしているのは

> 当たり前に行われていますが、それには大きなコストが掛かります。

>

> 平日のように診療・手術を行おうとするとより大量の物資を事前に準備

> しておく必要がある。

>

> 途中で薬が足りなくなっても補給はできません。

>

> 重症患者を受け入れてしまってから薬が足りませんは言い訳にならず、

> それが元でアクシデントに繋がってしまったら、大きな代償を支払う

> ことになるでしょう。

>

>

> また、「休日にしか病院へ受診できない」といったニーズに応えるべく

> 休日外来診療を平日と同じようにします、と掲げるのは大変素晴らしい

> 事と思います。

>

> が、多くの病院・診療所はそれをしません。

>

> 何故か。

>

>

> 人のわがままに応えようとすればするほど、「そういった人々」が多く

> 集まってきてしまうことが分かっているからです。

>

> 人的、時間的、金銭的資源が限られている日本の医療はあらゆるニーズ

> に対応できるほどの余裕はありません。

>

> そこで時間を食われてしまうと、普通に受診したいだけの患者さんへの

> サービスが低下し、見限られてしまう。

>

> 結局、人件費も余分に掛かり、大変な思いをして、クレームもついた

> 挙句に大したリターンはない、となります。

>

>

> 休みの日の需要を取り込もうとすることには、このようなリスクが伴う

> ことを覚悟の上でなければいけません。

>

> 本来は必要なことであるとは思うのですが、日本という国そのものが

> まだそれを実現できるほどに熟していないのが実情です。

>

>

>

> 不動産賃貸業では強制的にこのような状況になります。日曜祝日は部屋

> から出て行って下さいなんてできるはずがありませんよね。

>

> 休日であろうと、連休であろうと、正月であろうとトラブルは起こり、

> クレームは飛んでくる。

>

> 自主管理としていたら、休まる日はありません。最終的に大きく成功を

> した不動産投資家が専業になるのは、世間に合わせた休みが取れない分

> 自由に休みを取れる体制を作りたいからなのかもしれない。

>

>

> 元々土日もいつ電話が掛かってくるか分からない仕事をしていると、

> 実に共感できます。

>

> 逆にサラリーマンでホワイト企業勤めだと、不動産賃貸業が抱えるこの

> ような点はすごく嫌に感じるかもしれませんね。

>

> これも一つの、不動産投資の一面です。

>

>

>

> PS.

>

> 兼ねてから取り組んでいた借り換え(法人売却)についてですが、残念。

> 一度流れてしまいました。

>

> かなり特殊な形で頑張って頂いていたのですが、やはりちょっと壁が

> 高かった。エリア的な問題を言われてしまうとどうしようもありません。

>

> まあ、気を取り直して次にいきましょう。めげている暇があるならば

> 少しでも頭を使い、攻めるのが僕の流儀です。

>

> ちょっと判断に迷っていることもあるのですが、それは後日。

>

>

>

> ツイッターhttps://twitter.com/kirinoki_

> Facebookhttps://www.facebook.com/akira.katagiri.37

> (メッセージに気づくのが遅れたら申し訳ありません)

>

> ご意見、ご質問などはこのメールに直接返信していただければ

> きりのきまで届きます。お気軽にどうぞ。

>

> 途中参加で話がよくわからない、という方もメールを下されば

> 対応いたしますので、よろしくお願いします。

>

> (ついにお問い合わせメールまで迷惑メールフォルダに自動で

> 仕分けされる入る事例が発生していまいました。返信に遅れが

> 出ましたら大変申し訳ありません)

>

> ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

>

> ■発行者情報

>

>  発行者ブログ:http://kirinoki.net/

>  連絡先:kirinoki2012@kirinoki.net

>  特定商取引法に基づく表示:http://wtf.jp.net/law.html

>  解除アドレス:http://wtf.jp.net/cancel2012.html

>

>  また、万が一このメールが迷惑フォルダに入ってた場合は

>  下記のリンクより迷惑メールフォルダに入らない設定をしてください。

>

>  http://46mail.net/index.php?e=あなたのメールアドレス

>

> ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛