Fwd: 【修羅01】「門」を知らなかった頃の孔明



Thanks, Masahiro Nouchi   -Sent from my iPhone

Begin forwarded message:

差出人: <info@sanadakoumei.com>
日時: 2014年7月1日 13:19:41 JST
宛先: <masahiro.nouchi@gmail.com>
件名: 【修羅01】「門」を知らなかった頃の孔明

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【現役サラリーマン修羅の会】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『パーソナルブランディング実践講座』

「山田健(仮名)がどのように
 オンリーワンブランドを築きあげてきたのかを
 お伝えします!」

「このセミナーでは、まったくゼロの状態から、
 「ドバイ人大富豪の教え」や 「きっと、明日が来る」
 などのベストセラーを生み出し、
 9年間で、オンリーワンブランドを築き上げてきた
 山田健が、ブランディング、マーケ ティング、
 口コミを発生させる情報発信術等、
 実践的な内容をお伝えします。」


・・・凄い御方山田健さんが開催する
「パーソナルブランディング」セミナー。


ドキドキ。


凄い御方が教えてくれるなら、
大きなものを得られるはず・・・。


ドキドキ。


悩みに悩んだ結果、
高い金額には目をつむり、
セミナー会場へと駆けつけることを決意する。


「えいや!」


クレジットカードの情報を入力して、
決済ボタンを押す。





・・・こんな勢いで、
これまで沢山のセミナーを受講したり、

沢山の本を読んだり、

一生懸命、勉強をして来たはずだった。



しかし、


なぜかどれも、
身につけられていない。


たとえば、あの凄い人のセミナー自体は、
面白く、多くの事を学んだはず。


それなのに、

教わったことを、
実践に移そうとしてみても、
なぜかしっくり来ない。



気がつけば、
新たなる「凄い人」を追い求め、
ネットサーフィンしている。


そんなことをずっと、
繰り返して来た。。。


その結果・・・


副業として自分は何をやったら良いのか?


独立起業して自分は何をやったら良いのか?


今日時点でもまだ、
歩む道が定まっていない。



もしも、能地さんが、
かつての僕と同じように
悩んでいたのだとしたら・・・。


僕が華僑大富豪から教わった、
「秘術」はきっとお役に立てるはず。


なぜなら・・・
僕が明かす「秘術」の正体とは、


「自己分析手法」と「自己成長システム」を用いて、
己(おのれ)を知り、己(おのれ)を使いこなす。


まさに
自分の歩むべき道を、
明確に定めるための手法なのだから。




▼自分と合わない「門」は歩めない


2003年・・・。


もしもあの時、
香港に移住すること無く、

華僑大富豪に巡り合うこと無く、


「秘術」の存在を
知らなかったとしたらと思うと、
正直ゾっとする。


なぜなら、

その後僕がサラリーマンとして活躍できたのも。


インターネットの世界で降臨させた、
真田孔明として活躍できたのも。


「秘術」のお陰だと言っても過言では無い。


「自己分析手法」と「自己成長システム」を用いて、
己(おのれ)を知り、己(おのれ)を使いこなすことが、
できていたからに他ならない。



たとえば、
日本で現役サラリーマンをしていた頃の僕。


「秘術」の存在を知らず、
自分が何者なのかが分からなかった頃の僕は、
今思い返すととんでも無いことをしていた。。。


僕自身の強い自尊心を満たそうとしたり、
僕自身の強さをアピールしようとしたり、
自分を主軸においた「門」を歩もうとしていたのだから。。。


その結果僕は、
自我が強くなり過ぎて自分本位な部分が増えたのと、
プライドが高くなるのが原因で、

会社の同僚、お客様との
人間関係による問題が起こりやすくなっていた。


態度が横柄になり
周囲の批判の対象にもなっていた。


日々、憤りや不満などが
うまく発散できていない状態。


自分中心的な考えになると、
日常業務において無駄な労力をかけたりすることも。


もしも僕が
「秘術」に出会っていなかったとしたら・・・


自分の「門」を知ることなく、
あの頃のまま、

「自我」をベースに、
活動を続けていたとしたら・・・


今の僕は存在しなかったはず。


・アジア各国で営業&マーケティングとして、
 前例の無い結果を叩き出すことはなかったはず。

・中国本土で、中国全土のテレビ局、流通を動かし、
 前例の無い結果を叩き出すことはできなかったはず。

・2004年に真田孔明を降臨させることができなかったはず。

・2010年に真田孔明が復活することができなかったはず。


今、こうして、
能地さんにメールを送付させて頂いている、
僕は存在しなかったはずだ。


でも、今の僕は違う。


「秘術」によって、
自分が何者なのかが明確化できたことで、
自分自身の中に秘め持つ「門」を理解できたことで。


僕は自分自身を理解できる。


たとえば、

他人のセミナーを受講するときにも、
僕はどのセミナーを受講すればよいか明確に判断できる。


だから僕は、
セミナー受講の無駄撃ちは絶対にしない。


書籍を読むときにも、
僕はどの書籍を読めばよいか明確に判断できる。


だから僕は、
書籍をムダに読むことはない。


セミナーにしろ、
読書にしろ、

僕が瞬時に僕にとって必要な情報のみ
吸収できるのも、


僕が自分自身を知り、
僕が自分自身を使いこなすことができるからだ。






注意頂きたい。



人によっては正解でも、
人によっては不正解だったりする。


だから、

どんなすごい人のセミナーを受講しても、
書籍を読んで勉強をしても、


すごい人と自分の「門」が
合っていなかったとしたら、
全く意味が無い。



本来の自分と違う
「門」を歩んでしまっていたとしたら、

自分の真価を発揮できていないことになる。



注意いただきたい。


僕は、能地さんに、
「「自我」を押し殺して下さい!」
と言っているのではない。


僕の場合は、
「自我」を押し殺すことが、


己(おのれ)を使いこなす
正解だったのだが、


これは必ずしも、
能地さんも同じわけではない。



たとえば、
僕の盟友として有名な、
平城寿@SOHOの場合は、


「自我」をさらに強く打ち出すことが、
彼にとって正しい「門」だったりする。


僕と平城寿@SOHO。


パートナーとして、
様々なビジネスと投資を手がけたりしているが、
全く別の「門」を選び歩む必要があるのだから。



注意頂きたい。


能地さんの「門」は、
僕と同じかもしれないし、
違うかもしれない。


あの凄い人と、
同じかもしれないし、
違うかもしれない。



能地さんにとっての、
ただしい「門」は何なのか?


それを発見し、
「門」に沿った形で、

自分自身のパーソナルブランディングを構築し、
ビジネスと投資の世界で活動を続ける。


「自己分析手法」と「自己成長システム」を用いて、
己(おのれ)を知り、己(おのれ)を使いこなす。


これが、

『現役サラリーマン修羅の会』。


能地さんが入会し、
これからセミナーに参加したり、

セミナーを収録した動画・音声で学んだり、


facebookグループの中で、
仲間たちと相談しあったり。


自分自身の「門」を発見し、
自分の「門」を極限まで高めるための会である。



【メンバー限定FBグループへの参加申請方法】
→ http://sanadakoumei.com/lp/shura-tx/


          四柱推命鑑定士 真田孔明




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感想をお聞かせ頂きたい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のお話の内容は如何だろうか?

今回の内容について

『感じたこと』や
『疑問に思ったこと』、
『ここをもっと詳しく説明して欲しい』

などあったら、どんな些細なことでも構わないので、
本メールに返信頂きたい。

また、直接の感想ではなくても、
今後の『現役サラリーマン札束の会』としての参考のために、
下記の投票をお願いしたい。


今回のメールは如何だろうか?

良かった
http://stmp.jp/magazine/good.php?m=a19172254da455331d1931c886bf2ec3

普通
http://stmp.jp/magazine/soso.php?m=a19172254da455331d1931c886bf2ec3

悪かった
http://stmp.jp/magazine/bad.php?m=a19172254da455331d1931c886bf2ec3


それでは、能地さんの感想をお待ちしている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼真田孔明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

四柱推命★真田孔明の禁断の帝王学
 → http://sanadakoumei.com/

■真田孔明face book
 → http://www.facebook.com/koumei.sanada


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールアドレスの変更は下記URLから手続き頂きたい。

 http://stmp.jp/magazine/change_email.php?acid=36&scno=67&magno=12956&cs=fa10465f2c31e4d562516160b7f6d7dd


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※『現役サラリーマン修羅の会』を退会し、
 僕との双方向のやりとりを解除したい場合には
 下記URLから申請をお願いしたい。
 今後僕並びに『現役サラリーマン修羅の会』としての、
 連絡は控えさせて頂く。

 http://stmp.jp/magazine/stop.php?email=masahiro.nouchi%40gmail.com&mail_no=419&vol=2



【修羅01】「門」を知らなかった頃の孔明