読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fwd: 【修羅00】ようこそ!『修羅の会』へ



Thanks, Masahiro Nouchi   -Sent from my iPhone

Begin forwarded message:

差出人: <info@sanadakoumei.com>
日時: 2014年6月30日 13:09:43 JST
宛先: <masahiro.nouchi@gmail.com>
件名: 【修羅00】ようこそ!『修羅の会』へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【現役サラリーマン修羅の会】※重要:会への参加方法が記載されています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『現役サラリーマン修羅の会』へようこそ!


これからの時代、
たとえ現役サラリーマンと言えども、


ただ周りに流されるようにしていただけでは、
生きていくことはできない。


自ら立ち上り、
歩み続ける力がなければ。


大切な家族や恋人を
守ることはできない。


人生を謳歌することはできない。


そういう時代に、
僕たちは立たされているのだから。



華僑大富豪:
孔明さんは、何でもスポンジのように吸収する・・・」


かつてそう、称賛の言葉を頂戴した位、
華僑大富豪から教わったことをすぐに吸収し、
そして実践の中で活用することができた。


なぜ、
華僑大富豪や、
周囲の人間から驚かれる程、

短期間で「秘術」の全てを習得して、
実践の中で活かすことができたのか?


それには当然、
理由というものが存在する。


実は僕には、
どうしても力が欲しかったのだ。


「力が欲しい・・・

 家族を守る力を。

 自分を変える力を。

 明日を変える力を。」
 

そう願い続けていた時に、
運命的に巡りあった「秘術」だったのだ。


だから僕は、「秘術」の全てを理解し、吸収し、
実践の中で活かすことができたのだと思う。


その力の根源は「想いの力」。


「想いの力」が強かったことが、
短期間での「秘術」の習得に導いた。


そして「秘術」を習得し、
使いこなせるようになれた僕は、


海外というフィールドで、
会社や上司に頼らず、
自分自身の個の「人間力」とも言える力を最大限に発揮し、


中国・香港をはじめアジア各国で活躍している、
華僑たちと対等に渡り合うことができたり、


アフター5の時間にはじめた活動、
副業ビジネス・投資の世界でも、
億の単位のお金を稼げるようになった。




僕の「想いの力」は一体どこから来たのか?


僕の「動機」と言える部分を解明するためには、
香港に転勤になる前、
日本の本社で働いていた時にまで遡る。




▼力が欲しいと心の奥底から思ったあの日


ある日突然、
上司のKさんに飲みに誘われた。


そして衝撃の話を聞かされる事になる。


Kさん:「孔明、実はオレ今度今度子会社の●●●に出向の辞令が出た。」


孔明:「ええっ!?本当ですか?」


Kさん:「10月から期の半ばでの異動だ。
     お前でも知ってると思うけど、
     あの会社への出向辞令が出たら、
     会社を辞めろと言われているのと一緒なんだ。」


孔明:「そんなこと無いっスよ。Kさんなら・・・。」


Kさん:「いいよ(笑)。今まで勤続15年間。
     オレは誰よりも会社を愛し、
     会社に尽くして来たと自負してきた。
     けれども皮肉なもんだな。
     こうなってはオレにもう先は無いよ。
     今まで短い間だったけど、
     孔明と一緒に仕事ができて楽しかったぞ。」


孔明:「・・・(涙)」


Kさんは当時、
会社の成長期に一線で活躍し続けた
勤続年数15年の営業マン。


Kさんは孔明に、
社会人としての、
営業としての基礎を叩き込んでくれた人。


厳しい中にもやさしさがあり、
孔明が尊敬していた上司の一人だった。


その晩僕たちは、
飲み屋とキャバクラ・・・


合計3軒はしごして、
明け方近くまで飲み明かした。


Kさんは、
今までのサラリーマンとして辛かったこと。

楽しかったこと。


明るく元気に振舞って、
色々な事を話してくれた。


時折、
何か思い出したかのように、
声を詰まらせることもあったが・・・。


当時、
Kさんには子供が3人いた。


一番上の子は小学生、
養育費がかかるのはこれからが本番。


新築の家を購入したばかり、
家のローンも抱えてしまっていた。


本社待遇の給与なら、
なんとか問題の無い環境だったが、
その子会社に出向になってしまうと、
月の給料は大幅に激減。


更には未来ある出向先ならば
まだましかもしれないが、
その出向先は、
リストラ対象者の出向先と名高い所。


そこの出向先から復活した人は
一人もいないとさえ言われていた会社だった。


僕はそれから数日間、
何でKさんがリストラされなくては
ならないのだろうと、
真剣に考え込んでしまった。


何故なら、
僕から見たKさんは営業としての鏡。


お客様からの信頼も高く、
仕事もきちんとこなす人でだったので・・・。


結局、僕自身、
Kさんがリストラされる理由を
見つける事が出來なかった。


Kさんが、
今何をやっているのか、
僕には知る術も無い・・・。


後から知った事なのだが、
実はその年、

会社内の企業内改革が本格的に始まり、
中途採用者と若手をどんどん活躍させる
体制に変えていく転換の年だった。


だから、中堅以上の社員は、
どんどんとリストラされていく事になっていったのだ。


もちろん、
それには「派閥」というものが
大きく関わる形で。


その3年後には、
会社内の3分の一の人間が入れ替わった・・・。


株主にとってみると、
これは良いお知らせだったかもしれない。


けれども、
従来から会社に忠誠を誓って
勤務していた社員達にとっては、
たまったもんじゃない。



・・・明日は我が身。


社員として勤務している僕たちも、
いつこのように会社の命令により、
自分の望んでいない状況におかれてしまうのか・・・。


そこには何の保障も無い。


僕はこのように、
入社してすぐに、
会社内の大量リストラというムーブメントに遭遇し、


以後も毎月のように
同様の「現実」を目の当たりにしてしまい、
現役サラリーマンとしてい続ける事の恐ろしさに、
嫌でも気づかされてしまった。


それまでの僕は、
サラリーマンとして成功者になる事のみを考え、
毎日会社の仕事のみに情熱を燃やしていた。


その燃え方は半端なものではなかった。


朝から晩まで、
いかにサラリーマンとして成功する事が
できるかのみを真剣に考えていたのだ。


スポーツ推薦上がりの孔明は、
これまで受験勉強をしてこなかった・・・
という劣等感を補う為に、
何十冊とサラリーマンとして成功する為の本を読み漁った。


上司や先輩から教わった事はすべてメモに取った。


そして自分が良いと思った事はとことん実行してみた。


実行してみて、
良いと思ったことは全て、
自分のものとして吸収するべく努力していた。


他の同僚たちが
1日に2店舗巡回したと聞いたら、
僕は1日5店舗巡回した。


全てはサラリーマンとして成功するため。


その時置かれていた状態に、
僕自身も、自己満足もしていた。


けれども、
直属の上司Kさんのリストラ人事を
目の当たりにしてしまった瞬間。


僕の頭の中で「プツッ」と
何かがはじけ飛んでしまった。


「あれっ!?サラリーマンになるって事は
 安定を手にした事じゃなかったの?」


良い成績をとって、
良い大学に通い、
良い会社に入れば、
安定と幸せを手に入れられると教わっていたのに・・・。


一生懸命がんばれば必ず成功する事ができる。


「サラリーマンとして、
 私の様に毎日心がけて
 仕事をしていれば必ず成功できる。」
 
孔明に教えてくれていた上司が
あっさりとリストラされてしまったのだから。。


以降僕は、
サラリーマンでありながら、
自分の将来のあり方を真剣に考えるようになった。


「力が欲しい・・・」


会社に頼らずとも、
自分自身の力で立上り、
歩める力が欲しいと、
心の奥底から思うようになった。


そんな時に、
巡りあった瞬間、
ピント来るものがあり、
無我夢中に吸収していったのが、

香港に移住になった後、
華僑大富豪教わった「秘術」。


「現役サラリーマン修羅の会」の中で公開し、
能地さんにも習得してもらうことになる
「秘術」なのだ。




華僑大富豪:
孔明さんは、何でもスポンジのように吸収する・・・」


かつてそう、称賛の言葉を頂戴した位、
華僑大富豪から教わったことをすぐに吸収し、
そして実践の中で活用することができた。

華僑大富豪や、
周囲の人間から驚かれる程、

短期間で「秘術」の全てを習得して、
実践の中で活かすことができ理由である。







「秘術」を理解し、
使いこなすことができれば、
能地さんも力を得ることができるはず。



「自己分析手法」と「自己成長システム」を用いることで、
己(おのれ)を知り、己(おのれ)を使いこなす。


その結果、


巷の経営者たちを凌駕する程、
ビジネスと投資で稼ぎまくり、
プライベートも謳歌できる力を手に入れることができる。


多くのビジネスパートナー・仲間
同僚・お客様に囲まれながら
ライフスタイルを謳歌できる『修羅』になれるのだ。



そんな時には、
やはり能地さんの
「想いの力」というものが重要になって来る。



この力は能地さんも持つことができる。


きっと、これまで能地さんも、
僕と同じような経験をして来たはずなのだから。。



能地さんにはこれから
『現役サラリーマン修羅の会』のメンバーとして、


本場「華僑の大富豪」たちが、
巨億のビジネス・投資の活動の中で、
水面下で密かに用いている
門外不出の「自己分析手法」を学び、


己を知り、己を使いこなすように
なっていただく。


具体的な方法は、
2014年7月以降に計6回に渡り行われる
地下集会にてお伝えする。


(当日のセミナーは、
 動画と音声で全て収録するので、
 当日会場に参加できなかったとしても
 安心頂きたい。)





今日のところはまず、
『現役サラリーマン修羅の会』メンバー限定で参加できる
Facebookグループに登録をして、


今後の活動における地盤を
整えておいていただきたい。



【メンバー限定FBグループへの参加申請方法】
→ http://sanadakoumei.com/lp/shura-tx/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
四柱推命鑑定士真田孔明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■よろしければfacebookでお友達申請してください(^^)
 → http://www.facebook.com/koumei.sanada

■公式ホームページでは毎日定期的に情報発信しています!
 → http://sanadakoumei.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールアドレスの変更は下記URLから手続き頂きたい。
 
 http://stmp.jp/magazine/change_email.php?acid=36&scno=67&magno=12956&cs=fa10465f2c31e4d562516160b7f6d7dd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※『現役サラリーマン修羅の会』を退会し、
 僕との双方向のやりとりを解除したい場合には
 下記URLから申請をお願いしたい。
 今後僕並びに『現役サラリーマン修羅の会』としての、
 連絡は控えさせて頂く。

 http://stmp.jp/magazine/stop.php?email=masahiro.nouchi%40gmail.com&mail_no=376&vol=1