読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fwd: 個人保証外れ法人のみの債務となりました



Thanks, Masahiro Nouchi   -Sent from my iPhone

Begin forwarded message:

差出人: 石渡浩 <sodan@fudosan-toshi.org>
日時: 2014年6月7日 9:04:23 JST
宛先: masahiro.nouchi@gmail.com
件名: 個人保証外れ法人のみの債務となりました

既存借入額2億円以上で法人として本格的に不動産賃貸業をしたい方向けの特別メルマガ
「個人保証外れ法人のみの債務となりました」

 石渡浩です。昨年10月の交通事故から未だ完全復帰できておらず、コンピュー
タを使った仕事を抑制しています。ご無沙汰してすみません。

 最近の主たる銀行取引は、今年2月から施行された「経営者保証ガイドライン
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2014/140130keiei.htm
に基づき私個人の連帯保証を外すことです。残高が多い銀行から交渉を進めてお
り、私の会社の債務の半分以上は既に無保証人となっています。債務者は法人の
みということです。

 また、ここ数年間繰り返しトライしていた三菱東京UFJ銀行法人部門の融資をつ
いに受けることができました。これは太陽光パネル設置費用として借りました。
これに関する詳細はこの特別メルマガの姉妹編「不動産を買う場面以外の銀行と
の付き合い方」
http://www.fudosan-toshi.org/form/form_step_1.html
を明日配信しますのでそこに譲りたいと思います。

 そのような中で、未だに「連帯保証人がいないので融資を受けられないのです
が、どうすればよいでしょうか」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか。個人
で借りる際に連帯保証人を求められたり、法人で借りる際に代表者以外の連帯保
証を求められたり、私は不動産賃貸業を始めて8年間、ほとんどありません。どう
してか。それは、政策により「第三者保証」が原則として禁止されているからで
す。

 私が今進めているのは、経営者である私自身の連帯保証を外すことです。それ
に対し、経営者以外の連帯保証を求められている方がいらっしゃるとすれば、そ
れは「第三者保証」に当たります。経営に関与していない家族等の連帯保証を取
る手法は昔は一般的でしたが、今はそうではありません。原則禁止にも拘らず、
収益不動産購入資金の融資で、なぜ第三者保証をとることが未だにまかり通って
しまうのでしょうか。また、第三者保証を付けずに融資を受けるにはどうすれば
良いのでしょうか。

 2通に分けてその「謎」を解明したいと思います。

 まず、「第三者保証」原則禁止について説明します。

 2011年に金融監督指針と金融検査マニュアルが改正され、金融庁は金融機関に
対し、経営者以外の第三者の個人連帯保証を求めないことを原則とする融資慣行
の確立等を求めています。その詳細について、金融庁中小企業庁が定めた「信
用保証協会における第三者保証人徴求の原則禁止について」を尊重しています。
これは、次のような場合を除き、金融機関が中小企業(個人事業主含む)に融資
する際、経営者本人以外の第三者を保証人として求めることを原則禁止するもの
です。

1.実質的な経営権を有している者、営業許可名義人又は経営者本人の配偶者
(当該経営者本人と共に当該事業に従事する配偶者に限る。)が連帯保証人とな
る場合
2.経営者本人の健康上の理由のため、事業承継予定者が連帯保証人となる場合
3.財務内容その他の経営の状況を総合的に判断して、通常考えられる保証のリ
スク許容額を超える保証依頼がある場合であって、当該事業の協力者や支援者か
ら積極的に連帯保証の申し出があった場合(ただし、協力者等が自発的に連帯保
証の申し出を行ったことが客観的に認められる場合に限る。)

 一般に、不動産賃貸業は10年を超える長期間にわたって債務を償還する業態で
あるため、融資に際し、金融機関は事業承継者がいるかを確認します。けれど、
事業承継者がいないからといって連帯保証人を求められるものではありません。
では、なぜアパートローンにおいて連帯保証人が求められ易いのでしょうか。ま
た、連帯保証人を付けずに借りるにはどうすれば良いのでしょうか。

 来週配信する次号をお楽しみに。なお、本号は登録の方全員にお送りしていま
すが、この特別メルマガは私の本『借りて増やす技術』
http://os7.biz/u/5zClk
の感想を専用フォームからご送信下さった方を対象としています。未送信の方
は、本の現物に書かれている「読者通信」のURL(ウェブ検索しても出てきませ
ん)から、ご送信をお願いいたします。




─────────────────────────

発行者:石渡 浩
ブログ:http://blog.fudosan-toshi.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メール配信停止は次のURLをクリックしてください。
ただし、そのアドレスからは、今後一切、再登録が
できなくなります。

http://fudosan-toshi.willnet.org/netpro/byeform_xxx.php?pid=step_2

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■