読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fwd: 石渡浩の特別メルマガ「不動産を買う場面以外の銀行との付き合い方」



Thanks, Masahiro Nouchi   -Sent from my iPhone

Begin forwarded message:

差出人: 石渡 浩 <sodan@fudosan-toshi.org>
日時: 2014年2月24日 1:02:30 JST
宛先: masahiro.nouchi@gmail.com
件名: 石渡浩の特別メルマガ「不動産を買う場面以外の銀行との付き合い方」

石渡浩の特別メルマガ「不動産を買う場面以外の銀行との付き合い方」

 石渡浩です。皆様ご存知のとおり、ここ5年間で収益不動産価格相場は
かなり上がっています。特にここ1年のアベノミクスの影響は大きいですね。
最近の不動産の買い難さとそれへの対処法については、昨日ブログ
http://blog.fudosan-toshi.org/
に書きました。

 そうした中で皆様も、買う対象となる物件が無いとお感じのことでしょう。
確かに今はそういう市況です。しかし、相場は永久に上がり続ける訳では
ありません。2007-2008年のことを思い出してください。相場が加熱して
いた2007年の後、2008年に相場は急落しました。リーマンショックがその
代名詞です(リーマンショックの前から相場は下がっていましたが。
私の現在があるのは、リーマンショック後に割安な収益不動産を買い漁った
ためです。

 ですから、今の好調な相場もやがては下降相場に変化します。その際に
買えるように、今から金融機関開拓をしておきませんか。

 不動産購入資金以外でも資金需要はあります。納税資金、修繕費、太陽光
パネル購入設置、別事業の創業資金、これらは無担保融資になり、
日本政策金融公庫だけでなく、ほとんどの銀行や信用金庫で取り扱って
います。

 融資を受けるのに大変なのが入口です。一度融資取引を持てれば、
その先は比較的楽です。ですから、信用保証協会付き取引等、
銀行にとってリスクの低い融資取引を作って、関係を保つことが
重要です。

 現在私はメガバンクの法人営業部から購入資金プロパー超長期融資を
金利で引くことができますが、その取引は、もともとは千万円以下の
少額取引から段階的にステップアップしていったものなのです。

 事業性融資や法人融資については、本特別メルマガの姉妹編として、
「既存借入額2億円以上で法人として本格的に不動産賃貸業をしたい方
向けの特別メルマガ 」
http://www.fudosan-toshi.org/form/form_step_2.html
を用意しております。今週は、代表者連帯保証なしで法人融資を受ける
ことができる、今月から始まった「経営者保証ガイドライン」の解説を
する予定ですので、ご関心のある方はこちらにご登録下さい。

 なお、本特別メルマガは私の本『借りて増やす技術』
http://os7.biz/u/5zClk
を読了された方を対象にしています。そのため、こちらのフォーム
https://form.os7.biz/f/65c6e53e/
から本のご感想等を送信して下さった方向けに配信いたします。

 最近登録者の方が増えたので、今回は全員に配信していますが、
基本的には、上記URLから本の感想をお送り下さった方のみに
配信しております。未送信の方は、数日中にお送り下さるよう、
お願いいたします。



─────────────────────────

発行者:石渡 浩
ブログ:http://blog.fudosan-toshi.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メール配信停止は次のURLをクリックしてください。
ただし、一度停止するとそのアドレスでの再登録
は今後一切できなくなります。

http://fudosan-toshi.willnet.org/netpro/byeform_xxx.php?pid=step_1

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■