読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fwd: 最新フルローン対応アパートローン情報について



-------
Thanks, Masahiro Nouchi
Sent from iPad mini

Begin forwarded message:

差出人: 石渡浩 <sodan@fudosan-toshi.org>
日時: 2014年2月6日 18:03:40 JST
宛先: masahiro_nouchi@yahoo.co.jp
件名: 最新フルローン対応アパートローン情報について

能地 様

 石渡浩です。度々すみません。

 本日13時過ぎに「沢山融資している銀行・信金の実名と融資額のリスト」
と題したメールマガジンを「まぐまぐ」から配信しましたが届きましたで
しょうか。もし届いていないようでしたら、
http://archive.mag2.com/0000279415/20140206130325000.html
からバックナンバーをお読みの上、届き易いアドレスをご登録頂ければ
と思います。

 私がセミナーや教材でお話しているのは事業者として給与収入
とは無関係に融資を受ける方法です。これに対し、未だあまり融資を
受けていない方は、パッケージの不動産投資ローンを受けることで
より簡単に不動産投資を始めることができます。

 しかし、最近、パッケージの不動産投資ローンを受けるのが難しく
なっているという面があります。それは物件の性質や評価が銀行基準
と合い難くなっているからです。

 第一は物件価格上昇に銀行評価が追い付いていないことです。基本的に、
パッケージの不動産投資ローンでは、物件収益からの返済が可能で、融資額
は銀行評価額以内という規定があります。そのため、ここ1年位の
上昇相場の中では、銀行基準の物件は少なくなっています。例えば、
SBJ銀行は頭金1割以上で買えることになっていますが、実際に頭金
1割で済むケースは希なようです。

 そのため、収益不動産専門の仲介不動産会社は首都圏から遠く離れた
地方物件を紹介するようになっていきましたが、リスクや保有コストの
高い地方物件の表面利回りが高いのは当然であり、地方物件を買うには、
相当の調査や労力が必要になります。

 第二は銀行が融資対象とする「物件の属性」が限られていることです。
首都圏で高利回り・高評価の物件が出ない訳ではありませんが、
オリックス銀行を見て分かるように、駅から遠い古い物件には融資が付き
難い傾向があり、せっかく良いと思う物件を見つけても、銀行がその
物件を良いと思ってもらえないと、融資を受けられずに買えないのが現状です。

 そして、これは従前からあることですが、頭金1割以上必要という規定です。
仮に銀行評価額が売買価格を上回ったとしても頭金1割を入れなければならない
ので諸経費を含めると2割近くの自己資金が必要となり、それが不動産投資の
ネックになってきました。

 そうした中で、東京・神奈川で営業している小さな銀行が、物件を選ばす
(違法建築や借地は除く)、担保評価ではなく、属性審査でフルローンを
出すというローン商品を新発売しました。私はこの銀行から法人融資を
受けており、かねてより市場調査の協力をしてきました。私のような規模で
不動産投資をしている方にはその銀行が個別審査で事業資金としての融資を
してもらえる可能性がありますが、今回は、そういうものではなく、
1棟目の方が買い易いローンになっています。

 金利オリックス銀行と同程度で、東京・神奈川の物件購入資金が
対象になります。審査の仕組みは住宅ローンのものをつかっており、
スコアリングにより直ぐに結果が出ます。住宅ローンと同様、
「物件の属性」に拘らず、35年ローンを受けることが可能です。

 この銀行でこの商品を扱っているのは現在数名ですが、4月から増員して
本格的に事業展開していく予定とのことです。そのため、3ヶ月位経てば、
この融資を使って収益不動産を買う初心者の方が増えるでしょうが、その
前に使っておいたほうが何かと良いでしょう。一般に広まり融資目標を
達成すると、融資を絞ってきますので。

 また、このローンですと、借地や違法建築は別として、どんな物件でも
フルローンで買えてしまうのですが、だからといってどんな物件でも
買って良い訳ではありません。

 そこで、一般に広まるのに先駆けて、簡易レポートを書きました。

・このローンの審査基準
・ローンの申込方法
・物件選定の注意点
等を書いています。

 この商品は住宅ローン的なものなので、既に高額の借入額がある方には
向きません。現状の借入額(法人名義を含む)が給与収入の10年分を下回
っている方が主対象になります(そうでないと審査に通りません)。また、
融資上限額が2億円なので、超高額物件を買いたい方にも向きません。

 そうではなく、初心者やそれに近い方、あるいは、これまであまり借金
せずに不動産投資をしてきた方に向いてます。

 ですから、能地様が使える商品ということで紹介する訳では
ないのですが、物件評価が低くてもフルローンを受けられる新融資
商品にご興味おありでしたら、
https://form.os7.biz/f/d409ee51/
から私が書いた簡易レポートをご請求下さい。直ぐにお送りします。
なお、既にご請求済みでしたらご容赦下さい。

 能地様にお勧めの、既に1億円以上の借入残高があり本格的に不動産
投資をしたい方向けの私の特別メールマガジン(無料)
・中級編
http://www.fudosan-toshi.org/form/form_step_1.html
・上級編
http://www.fudosan-toshi.org/form/form_step_2.html
は今週末から配信いたします。

 ところで、最近ブログ更新等を再開したところ、多数の
メールを頂戴しております。そのため、能地様への個別の対応に
つきましては、恐縮ですがしばらくお待ち頂ければ幸いです。







 
 

─────────────────────────

送信者:石渡 浩
ブログ:http://blog.fudosan-toshi.org/
アドレス変更・新規アドレス登録フォーム:
http://www.fudosan-toshi.org/



※このメールはメールマガジンではありません。
メールマガジンは、まぐまぐから「石渡浩の不
動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け
自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越え
を―」 http://www.mag2.com/m/0000279415.html
を発行しています。
 このメールは、以前私のHP/ブログから「無料
メール相談」にお申込み下さった能地様に個別
に送信しております。
 なお、もし無料メール相談の登録を解除されたい
場合は次のURLをクリックして手続きをおとり下さい。
ただし、一度解除したメールアドレスでの再登録は
今後一切できませんのでご注意下さい。
http://fudosan-toshi.willnet.org/netpro/byeform_xxx.php?pid=magazine_soudan