Fwd: 勝ち組大家への道 第7回 セミリタイアに必要な収入の作り方教えます



生形大(うぶかただい)です。

今回はメールの一番最後に重要なお知らせが

あるので是非最後まで目を通して下さいね。




皆さんは

「フロービジネスとストックビジネス」という言葉を

聞いた事ありますか?



フロービジネスの特徴は

・毎回単発でモノやサービスを提供し収入を得る

・景気や流行に左右されるため継続するのが難しい

・常に売り上げをあげる必要があり、安定しづらい

売上げを伸ばすには働く時間を増やすか人を雇ったり規模の拡大が必要

・働くのをやめてしまうと収入がなくなってしまう

・ヒットすれば爆発的な収入を得られることが可能


例 小売店、飲食店、医者、弁護士、他士業など

働くのを辞めたら収入がなくなるという意味では

大別すればサラリーマンもフロービジネスと言えます。



ストックビジネスの特徴は

・一度仕組を作ってしまえば、後はあまり手をかけなくても継続して収入がはいってくる

・景気や流行に左右されにくく、長期間安定するビジネス

・一瞬で爆発的に稼ぐことはできない

・比較的手離れがいいので、複数のストックビジネスを所有することが可能


例 電気・ガス・水道などのインフラ

セコムなどセキュリティ会社 継続課金モデル

アップルなどの音楽定額配信

Amazonなどの本の定額読み放題など

最近では世界的なIT企業もストックビジネス

力を入れ始めています。



これらストックビジネスの中でも王道は

不動産投資と言われています。


日本の大企業のほとんどは不動産投資を

していますし、JRや私鉄など鉄道会社は

不動産事業から大きな収益をあげています。



私がお勧めしているのは

サラリーマンのうちに

複数のストックビジネスを構築し

生活する上で十分な収入が得られるようになったら

自分がやりたいことで独立することです。



このやりたいことは

ストックビジネスに限らずフロービジネスでも

よいと思います。


ストックビジネスで十分な収入があれば

精神的にも余裕を持って起業することもできます。



しかし、

ここ数年はアベノミクスによる景気回復の影響や

日銀のマイナス金利政策が後押しして

不動産価格が高騰しています。


また、サラリーマンによる不動産投資ブームもあり

ライバルが多く中々不動産投資だけで十分な収入を

得るのが難しくなりつつあります。





そこで私がお勧めするのが

「ハイブリッド不動産投資」です。


地方高利回り不動産の他に

民泊

ランクルーム

太陽光発電など

複数の収入の柱を作る事で安定的な収入が得られます。


さらに

海外不動産を絡ませる事によって

資産の分散と海外からの円以外のキャッシュフロー

得られます。


この組み合わせは

私が10年以上プロの投資の世界で

いろいろな商品を見てきた中で

最強の組み合わせと自負しています。


この他にも

私が今注目しているストックビジネス

・シェアハウス投資

・コインパーキング投資

・コインランドリー投資

社会福祉施設投資

です。


これから日本国内は人口減少により

賃貸経営の環境はますます厳しくなります。




今後確実に厳しくなる賃貸経営と

需要が増えていく様々なストックビジネス

組み合わせることにより、

複数の収入の柱を持つ事で

安定した経営をしていくことができます。




また、

個人レベルでは借入できる金額にも

制限があり、

一般的な収入のサラリーマンが

得られる家賃収入には限界があります。



先ほど

ご紹介したストックビジネスの中には

大きな借入をせずに始められる

ビジネスもあります。



不動産価格が高騰している今でも

不動産投資とこれらのストックビジネス

組み合わせれば

セミリタイアできるだけの

収入を得る事が可能です。




そして、、、

ここで皆さんにとても

ワクワクするような

企画をついに発表したいと思います。


私がセミリタイアしてから3年間

練りにねって来た企画です。



既に

私のセミナーに参加して頂いた方には

ご紹介させて頂いておりますが

とてもご好評頂いている企画です。



その企画とは、、、




ストックビジネスの学校」




です。



多くの著名投資家の協力を得て

これらのストックビジネスを体系的に

学べる画期的なスクールを立ち上げることにしました。



このスクールでは

3年以内に複数のストックビジネスから

月100万円のキャッシュフローを得る方法を

学べる学校です。



実績豊富な豪華講師陣から

様々なストックビジネスを学べますので、

まずはその内容をこちらから確認してみてください。


http://kachigumi-ooya.com/ms/cs.cgi?m=step1&c=619&u=3898


・不動産投資

太陽光発電

・トランクルーム

・合法民泊

・海外不動産

・コインパーキング

・コインランドリー

社会福祉施設

今注目のストックビジネスを学べるのが

ストックビジネスの学校です。

http://kachigumi-ooya.com/ms/cs.cgi?m=step1&c=620&u=3898



次回からは

ストックビジネスの魅力を

お伝えしていこうと思います。



【編集後期】

私は3年前にサラリーマンを

セミリタイアしました。

セミリタイアした後は、

不動産投資以外のさまざまな

ストックビジネスにチャレンジし、

いろいろと失敗しながらも

徐々に収入を増やし、

気付けばサラリーマン時代より

圧倒的に収入が増えていきました。



そして、

いよいよ自分が起業となった時に

私の心に燃え上がって来たのが

投資教育で閉塞感のある日本を

盛り上げていきたいという想いです。



私自身もそうでしたが

投資によって、生活が豊かになり

新しく起業する人が増えれば

日本の未来がもっと明るくなるのでは

と思います。


その最初のプロジェクトとして

立ち上げたのが

ストックビジネスの学校」です。



今後は

既存の不動産投資に限らず

いろいろな投資手法を皆さんに

知って頂きたいと思いますので

是非楽しみにしててくださいね。


ストックビジネスの学校」を体験できる

お得なセミナーも開催していきますので

ご興味のある人は是非参加してみてくださいね。

http://kachigumi-ooya.com/ms/cs.cgi?m=step1&c=621&u=3898


セミナーは参加できる人数が限られているので

興味のある方はお早めにお申し込みください。



生形 大(うぶかただい)

Fwd: 勝ち組大家への道 第6回 不動産を相場より安く買う方法



生形大(うぶかただい)です。

今回は不動産を相場より安く買う方法

についてお話ししたいと思います。


不動産投資に関わらず

投資の基本は安く買って

高く売る事です。


では不動産を安く買うには

どうすればよいでしょうか?


まず一番大事な事は

不動産の相場を知る事です。


相場を知らない限り

安いか高いかの判断も

出来ないからです。


相場を知るには毎日

楽待、健美屋、不動産連合体などの

ポータルサイトなどで

物件価格をチェックして

地域、構造、築年数とともに

利回りを見ていると

だんだん養われてきます。


希望条件を登録しておくと

メール配信されるのでそれを見るだけでも

よいと思います。



また、

気になった物件は問い合わせて

詳細な住所から積算評価を算出してください。


積算評価の説明はここでは割愛しますが

大事なので是非勉強してくださいね。

(私の書籍でも説明しているので
まだ買われてない方は是非読んでみて下さい。
http://kachigumi-ooya.com/ms/cs.cgi?m=step1&c=584&u=3898  )


最近は収益還元法と言って

物件の収益性で評価を出す金融機関が

増えてきましたが、

未だに積算を重視する金融機関が多いのも事実です。


なので、

物件価格<積算評価の物件は

自分が購入する時はもちろん

出口として売却する時も融資が付きやすい

可能性が高いです。


これらの作業を繰り返し

やっていると割安な物件かどうかの

判断ができるようになってきます。



割安な物件かどうかの

判断がつくようになった所で

いよいよ不動産への買付を入れます。




基本的に不動産を購入する権利は

早い者勝ちです。

早く買付を入れて、

売主の承認を得るか

融資を受けて購入する場合は

基本的に先に融資の承認を

得た人が購入する権利を

得られることが多いです。


つまり、スピード勝負です。

その物件が安いか高いかを

瞬時に判断し、

買付を入れて融資の承認を

得なければけません。


ただし、これは始めから

価格が安い場合です。




相場より安く買う方法はもう1つあります。

それは売主と価格交渉をして

相場より安い値段まで下げてもらう事です。


売主が不動産を売る理由は

さまざまですが

特に以下のケースで

価格交渉がしやすいです。



相続

法人の決算対策

空室が多くて悩んでいる

現金が必要な時

所有者が高齢化して管理できない

銀行の抵当権がついていない

中々物件が売れず売主がしびれをきらしている


これらのケースで

さらに売主が売り急いでいる場合には

大幅な値引きができる可能性があります。

なので仲介している業者に

売却理由は必ず聞くようにしてくださいね。



私は

この中でも

空室が多くて悩んでいる

物件を好んで多く取得しています。


特に半分以上が

空室になっているような物件は

売主が弱気になっていることと

購入を検討する人が少ない事から

安く購入できるチャンスが多いです。


もちろん

それだけ空いている物件は

何かしら問題がある物件なので

自分が購入して

その問題を解決できるか

事前に検討する必要があります。



いずれにしても

投資の基本は安く買う事

これは肝に銘じておいて下さい。


安く買っておけば

いざ物件を売る時に

損をすることはありません。



例え融資を受けて

不動産を購入していても

その借金以上の価値が

その不動産にあると分かっていれば

借金に対する恐怖もなくなるはずです。



【編集後記】

株式や先物取引、FXなど

主に取引所を経由している取引の場合は

マーケットでの価格があるため

相場より安く買うのはほぼ不可能です。


しかし、

不動産の場合は

相対取引であるため売主と買主が

合意さえすれば取引が成立します。


つまり

売主から相場より安く買う事ができれば

すぐに売却しても利益を上げる事ができます。


それが不動産投資の面白い部分でもあります。


私も昨年400万円で購入した区分マンションを

リノベーションして880万円で売却できました。


所有期間は民泊を運営して

月に30万円近い収入があったので

規模が小さい割には利益の大きい投資となりました。



次回はお金持ちになる方法について

お話ししたいと思います。


生形 大(うぶかただい)

Fwd: 勝ち組大家への道 第5回 新築VS中古




生形大(うぶかただい)です。

前回の

「地方高利回り不動産ってどうなの?」

に引き続き、

今回は新築と中古物件の比較を

してみたいと思います。


どちらも

メリット、デメリットがあり

一概にどちらが良いとは言い切れませんが

もし、あなたが今すぐキャッシュフロー

得たいのであれば


中古物件をおすすめします。


私が中古物件をお勧めする理由をあげます。


1.既に入居者がいて、購入と同時に家賃収入を得られる

新築の場合は当然はじめは入居者が

いないので、家賃収入がありません。

また、

土地も融資を受けて購入した場合は

建物が建つまで、

土地の融資の返済または最低でも金利分のみは

支払う必要があり、

しばらくはキャッシュアウトが続きます。

地盤改良が必要で突発的な

費用がかかることもあります。


それに対して中古物件は

すでに入居者がいるため

購入してすぐに家賃収入を

得られます。



2.新築より、利回りが高い

新築物件、特に建売の新築は

業者の利益が乗っているため

利回りがとても低いです。


都内では木造アパートでも6%前後です。


それに対して

中古アパートは8%以上

地方に行けば15%以上という

物件もあります。


単純に資金効率を考えると

中古に軍配があがります。



3.中古は新築ほど家賃の下落が少ない

新築物件の家賃は建てた時が

一番高くそれから、入居者の

入退去がある度に落ちて行きます。

地域の需要と供給にもよりますが

築10年までに約15~20%下落し

築20年までに約30%下落します。

築20年以降はメンテナンス状況にも

よりますが、家賃が底値近くまで

下落しているので安定します。


つまり、新築物件は築20年まで

ほぼ確実に収益性が低下していき

キャッシュフロー

年々低下して行きます。


それに対して中古

特に築20年以降の物件は

家賃の下落幅が少ないため

所有期間中の利回り低下が

少ないです。


工夫しだいでは

家賃を値上げすることも

できるため

売却時にキャピタルゲイン

得られる可能性すらあります。



4.相場より安く買える可能性がある

新築の場合は、業者が相場に合わせて

価格設定をするため、相場より安く買える

可能性はほぼありません。


しかし、中古の場合は

相対取引のため売主の状況や

交渉しだいで、相場以下の値段で

取得する事が可能です。



もちろん、新築の場合も

土地を安く仕入れて、

建築コストも落とす事ができれば

相場より安く取得することが

できますが、

初心者にはハードルが高い方法です。


まずは中古物件で経験を積み

資金的余裕と低コストノウハウを

得る事ができてから

トライすることをお勧めします。


次回は相場より安く買う方法の

お話をしたいと思います。


【編集後記】

私は不動産投資を始めたいという方に

相談を受ける事が多いですが、

希望の物件の条件を聞くと


首都圏で新築または築浅、

駅近の条件をあげる人がとても多いです。


でも、はっきり言って

こういう誰もが欲しがるような物件は

人気が高く安く買う事が難しいです。

投資の格言に

「人の行く裏に道あり 花の山」

とあります。


他の投資家と

違う事をやった方が儲かる事が多いという事です。


次回はその安く買う方法です。

楽しみにしていて下さいね。


生形 大(うぶかただい)

Fwd: 勝ち組大家への道 第4回 地方高利回り不動産ってどうなの?


生形大(うぶかただい)です。

さて今回からは具体的な

不動産投資の内容について

お話しして行こうと思います。

まず始めは

私の収入の大部分を占めている

「地方高利回り不動産投資」です。



私が現在所有している1棟物件のエリアは

富山県富山市

石川県金沢市

千葉県千葉市

北海道札幌市

山梨県甲府市


とほとんどが地方のエリアで

平均利回りは16%くらいです。



なぜ私が好んで

地方の物件を購入しているかですが


それは単純にライバルが少ないため

安く購入できるからです。



利回りが16%あれば

半分空いていても8%、

家賃を半額にしても8%です。



それに対して

都内や近郊の物件は

満室でも8%いくか

いかないか位の水準です。



いくら都内の物件であっても

入退去はありますし、

すぐに入居者が決まるとも

限りません。


また、地方であっても

需要がある所に購入すれば

工夫しだいで満室経営も

可能です。


実際に私の所有物件の

昨年の稼働率は98%を越えています。

もちろん、退去はありましたが

退去から1~2ヶ月以内には

次の入居者が決まっています。


今年の3月には

築36年の物件で

退去前に次の入居者が

決まってしまいました。



つまり満室経営をするノウハウと

しっかりと賃貸需要のあるエリアに

物件を購入していけば

圧倒的に地方高利回り不動産の方が

収益を上げられるという事です。


しかし、

地方の物件を購入する時に

皆さんが気にするのは人口の減少だと思います。


もちろん

人口動態は今後の賃貸需要に影響するため

重要ですが、

それよりさらに重要なのが

需要と供給のバランスです。


人口が減少している地域でも

供給が少ない所は満室にしやすいですし、

例えば横浜市の一部の地域など

人口が増えていても供給がそれを上回っている地域は

新築でも1年以上入居が決まらない場合があります。


マイナーな地域は投資家の競争も激しくないので

安く買えたり、入居付けしやすい所もあります。

そういう人が狙わない穴場な地域を狙うのも

面白いと思います。



次回は新築VS築古

の比較をしてみたいと

思います。


【編集後記】

不動産投資を考えた時に誰もが検討するのが

都内のワンルームマンション投資ではないでしょうか?

先日の日経新聞で投資用マンションが11年ぶり高値

という記事が出ていました。

どうも、再び中国人マネーが入ってきているようです。


元々、管理費や修繕積立費がかかる区分マンションですが

ここまで値段が上がってくるとかなり自己資金を入れないと

キャッシュフローは出ないです。


やっぱりセミリタイアを目指すなら

地方の1棟ものアパート・マンションが

おすすめですね!


生形 大(うぶかただい)


Fwd: 勝ち組大家への道 第3回 不動産投資の怖い闇


生形大(うぶかただい)です。

ここまでメール講座で不動産投資の

良い所ばかりをあげましたが


今回は不動産投資の闇の部分ということで

私が実際に不動産投資をしてみて

あったトラブル、

想定外の出費などを

お話ししたいと思います。



まず、不動産を複数所有しての感想ですが

思った以上に儲からないというのが

率直な感想です。


あんなにこんなおいしいビジネスは他にないと

言ったじゃないですか?


と言いたくなりますよね。

そうです。ただし、当初想定していたよりは

儲からないという意味です。


というのも

建物は多くの設備から成り立っていますので

築20年もすれば、

至る所で故障や不都合が発生します。

実際に私の所有物件で発生した不都合は

換気扇の故障

ガス給湯機の故障

エアコンの故障

貯水槽のポンプの故障

火災報知器の故障

融雪装置のポンプの故障

外壁タイルの剥落

配管からの水漏れ

雨漏り

シロアリ被害





これらに加えて

退去時には原状回復工事や

築古物件の場合はリフォームや

リノベーション費用も

かかってきます。


一度も外壁や屋上の大規模修繕を

行ってない場合はさらにお金もかかります。



これらは月々のキャッシュフローから積み立てる

必要があるので、これらを加味すると

実質の手残りは思った以上に少なくなるのです。



さらに、最近は競争激化により

仲介業者へのAD(入居者を見つけてくれた業者に支払う広告費)

が高騰しており、

2ヶ月が当たり前、

競争力の無い物件は3、4ヶ月払わないと

決めてもらえないという地域もあります。


これでもまだ入居が決まれば

良いですが、中々決まらずに

家賃の値下げ合戦がはじまると

もう悲惨です。


入居が決まらない
   ↓
リフォーム費用がない
   ↓
AD費用が無い
   ↓
家賃を値下げするしか無い

と負のスパイラルに入ってしまいます。

こうなると負け組大家の仲間入りです。



しかも、ここ数年は不動産価格の高騰により

元々キャッシュフローが手薄い上に

これらの出費がかさむとリタイアどころか


給与収入でこれらを補填しなければ

いけなくなってしまいます。



それではどんな物件を購入したり

どんな手法を駆使すると

セミリタイアすることができるくらいの

キャッシュフローが得られるでしょうか?


次回から具体的な投資対象について

お話ししていきたいと思います。


【編集後記】

最近はいろいろな投資家や

事業で成功した起業家などと

積極的に会うようにしています。


その中で成功している人の共通点として

見えてきたのが

・決断が早い
・行動が早い(行動力がある)
・高いレベルの環境で揉まれてきた

この3つを備えている人は

成功している可能性が高いです。


やはり人は周りの環境に大きく影響を

受けるため、どんな環境に身を置くかによって

その後の人生が大きく変わってきます。


なので、自分を変えたいなら

まずは周りの環境を変えてみる事をお勧めします。




私も

自分を高めながら

さまざまな投資の勉強ができ、

さらに

一生付き合えるような投資仲間が見つかる

そんなコミュニティを企画中です。

その全貌は近々公開できると思います。

期待してお待ち下さいね。


生形大(うぶかただい)

Fwd: 勝ち組大家への道 第2回 不動産投資が◯◯な理由


皆さん

こんばんは。生形大(うぶかただい)です。

勝ち組大家への道 第1回はいかがでしたでしょうか?


「行動だけがあなたの未来を切り開く」

もう一度復習ですが、この言葉だけはしっかり

覚えておいて下さいね。


さて、第2回目の勝ち組への道は

「不動産投資がおいしい理由」です。


このメール講座に登録している時点で

読者の皆さんは不動産投資の優位性に気付いて

いるかもしれません。


しかし、そうは言っても

既に人口の減少が始まっている日本で

大きな借金をしてまで不動産を

買ってしまって良いのか

と疑問を持つのが

当たり前だと私も思います。



国内最大の不動産投資サイト楽待( http://kachigumi-ooya.com/ms/cs.cgi?m=step1&c=418&u=3898 )を

運営するファーストロジック発表のデータによれば

一棟マンションの新規掲載時の

平均利回りは7.93%、

問い合わせのある物件で9.43%

だそうです。


これは掲載時の利回りですので

実際に売買されている利回りは

もう少し高いでしょう。


一方で、日経平均採用銘柄の

平均配当利回りは1.59%です。


さらに、安全資産とされる

10年物国債の利回りに至っては

0.085%となっています。



では、不動産投資だけが

なぜこんなに利回りが高いのでしょうか?


これはすでに将来の人口減少を織り込んだ

数字だからです。

事実、高度成長期の不動産投資の利回りは

1~2%程度でした。


海外を見ても、不動産投資の利回りが

ここまで高い国はほとんどありません。


他にも日本の不動産投資の利回りが高い理由として

バブル崩壊を経験していることが上げられます。



投資家も金融機関も

バブル崩壊により痛手を負っているため

不動産投資には慎重です。



バブル世代の人たちにとって

不動産投資=危険

借金=悪

と無意識のうちに刷り込まれています。



このおかげで不動産投資に参入する人の数は

抑制され不動産投資に積極的に融資する金融機関も

限られているのです。



しかし、これはあくまでも今まではの話です。

マイナス金利が導入され、

積極的に融資をせざるを得なくなった

金融機関が融資の姿勢を緩め、

それにより新規参入者が

増えれば、この利回りは

さらに低下していくことでしょう。



また、人口減少による空室問題ですが

これはこれからまさに、

勝ち組と負け組に分かれていきます。


実際に私が築37年の物件を所有している

富山県富山市では

そのエリアの平均空室率は22.8%ですが、

昨年の私の所有物件の空室率はわずか1%です。


しかも、今年の3月に退去した部屋は

今の入居者が退去になる前に

次の入居者まで決まってしまっています。


つまり、地方の築古物件でさえも

やりようによっていくらでも

勝ち組になれるという事です。


おそらく私の物件のように

常に満室に近い勝ち組物件が3割程度

空室率が相場並の物件が5割程度

残り2割が物件の半分以上が空室の負け組物件


これからはますます

勝ち組と負け組の差が鮮明になってくることでしょう。


もちろん、このメールを読んでいる皆さんは

勝ち組大家を目指してもらいます。


あなたも勝ち組にさえ入る事ができれば

利回り10%を享受することができます。


さらに言うと、不動産投資はほとんどの

資金を融資で賄えますので

実質、自己資金に対する利回りは

100%を越える事もあります。


しかも、融資を返済していくのは

あなたではありません、物件に入居している

入居者からの家賃です。


入居者からの家賃収入 ー ローンの返済金額 ー 必要経費 = あなたの手元に残るお金

さらに、ローン返済金額のうち

元金の部分は目に見えにくい貯金となります。


もちろん、建物部分は年々、

価値が下がって行きますが

その減価以上に元金の返済が進めば、

それが含み資産となるのです。


私が知る限り、

サラリーマンでもできるビジネスで

こんなにおいしいビジネスは他にありません。

ただほとんどのサラリーマンが知らないだけなのです。


あなたが毎月、定期的に支払っている中で

一番金額が高い支払いは何でしょうか?


恐らく、住宅の家賃もしくは住宅ローンではないでしょうか?


「賃貸経営は住宅という衣食住の1つを継続的に提供する

究極のリピート商品です。」

しかも、ビジネスモデルは出来上がっているので

あなたは、その仕組ごとローンを受けて購入するだけで

その収入の権利を得られるのです。



また、不動産の価格は相対取引なので

あってないような物です。

売主の値段付けが誤っていたり、

交渉により

市場の相場価格より

安く購入することもできます。


それも不動産投資の醍醐味です。


ここまで、不動産投資のおいしい話

ばかりをしてきました。

次回は不動産投資の闇の部分にも

触れておきたいと思います。

また、明日お会いしましょう。


【編集後記】

今立ち上げようとしているベンチャー企業ですが

多くの著名人にも会社のビジョンに賛同頂いて

かなりすごいことになってきました。

私自身も本気でこのビジネスで多くの人

ひいては日本の将来をよい方向に変えていきたいと

本気で思っています。


近々皆さんにも発表できると思いますので

楽しみにしていて下さいね。

生形大(うぶかただい)

Fwd: 勝ち組大家への道 第1回 不動産投資でセミリタイアするには


はじめまして生形大(うぶかただい)です。

このメールは以前「勝ち組大家への道」の

メールマガジンに登録して頂いた方にお送りしています。



ご登録して頂いた皆さんが勝ち組大家への仲間入りできるよう

有益な情報を発信していきますので

皆さんも情報を見逃さないようにして下さいね。


記念すべき勝ち組大家への道第1回は

「不動産投資でセミリタイアするには」です。


私もそうでしたが、

不動産投資を志す人の誰もが一度は憧れるのが

「セミリタイア生活」ではないでしょうか?



人によって「セミリタイア」の定義は違っているかも

しれませんが、「勝ち組大家への道」の定義では

「サラリーマン生活を卒業して自由な時間とお金を

手に入れて、自分のやりたいことをやる生活」

としています。



なので、セミリタイアしたからと言って全く

働かない訳ではありません。



しかし、サラリーマンと違い、自分のやりたくない仕事は

やる必要がありませんし、一緒に働きたくない人と

仕事をする必要もありません。


スケジュールも休日も自分で決める事が出来ます。

娘の誕生日には平日でもディズニーランドに

連れて行く事もできますし、

急に思い立って海外旅行に行く事もできます。



ストレスの無い生活


私がサラリーマンを卒業し

セミリタイア生活に入って約3年が経過しました。


まさに上述したような自由な生活ができていて

何より素晴らしいのは

「ストレスが全くない」という事です。


サラリーマン時代は仕事のプレッシャーや

リストラへの恐怖、将来への不安、満員の通勤電車など

とにかくストレスの宝庫でした。



今ではそのストレスから解放され

自分のやりたい事をやりたい時にやっている生活です。

おかげさまで会う人会う人に若返ったねと褒められます(笑)


しかも、今では、サラリーマン時代より、

時間があるにもかかわらず

どんどん、収入も増えている状況です。


不動産投資をしてみて、つくづく感じるのは

自分の裁量によって、自分の収入もコントロールできるという事です。

やったらやっただけ収入も増えて行きます。

しかも、不動産投資という仕組の性質上

一旦、仕組さえ作ってしまえば後は

ほとんど手が掛からずに運営できてしまいます。


すると、また、時間とお金ができて

次の仕組みづくりに専念することができ

プラスのスパイラルで

資産がどんどん殖えて行きます。



大さんだからできたんですよね?


私の成果を見てそう言う方がいます。

しかし、私は特段頭が良い訳でもなく

大学では落ちこぼれ、新卒で入った会社の同期の中でも

むしろ、仕事が出来ない方でした。


ただ、唯一私が持ち合わせていたのは

「将来への危機感」と「行動力」だけでした。


新卒2年目でいきなりリストラを経験し

会社に依存して生きるて行く事に疑問を感じていました。

また、リーマンショック後に

働き盛りの30代、40代の同僚が

次々とリストラされていく姿を見て

明日は我が身とかなりの危機感を抱きました。



その危機感が原動力となり

自ら行動して、自分の未来を切り開きました。


私自身がそうだったので断言できます。

不動産投資でセミリタイアするには

どれだけ将来に危機感を持って、

もしくは自分のやりたい夢に向かって

行動できるかに尽きます。



私のスクール生の中では最短で1年半で

セミリタイアした生徒がいます。

彼がずば抜けて優れていたのは

圧倒的な行動力です。


彼はまともに働かないくせに

理不尽な要求をしてくる上司に

うんざりしていました。


この状況を抜け出したくて

行動し続けました。


「行動だけがあなたの未来を切り開く」


これだけはしっかりとあなたの心に刻み込んで下さい。

後は、それに向かって正しい行動をするだけです。



勝ち組大家への道では

これから数回に渡って、

セミリタイアできる不動産投資方法をお伝えしていきます。

楽しみにして下さいね。



編集後記

サラリーマンをセミリタイアして以来

ずっと構想を練って来た新規事業が

いよいよ形になってきました。


ベンチャー企業としてこの新規事業で

日本を盛り上げていけたらと思っています。

皆さんにもきっと喜んでもらえるサービスも

立ち上げますのでそちらも楽しみにして下さいね。

私も今からとてもワクワクしています。

生形大(うぶかただい)